妊活の蟻地獄

妊活を初めて早2年。

本当に出口の見えない問題だと感じます。

妊娠ということを本当に簡単に考えていた。そう思えざるを得ないですね。

学生でも保険の授業で教わることに加え、子供の頃からこういった出産による年齢的なリミットなども、

きちんと教えるべきなのではと今思うとそう思う。

思春期には子供ができちゃうからと、初体験でもきちんとコンドームをつけなさいと教わるのに、

そのようなことを伝えていかないのも本当にどうかと思う。

年齢のリミットを超えて、更に採卵が大変となった今、本当に抜け出せない苦しみは、簡単に妊娠できた人たちには

わからない苦しみであろう。

不妊治療にたいして、夫の支えがとても大事だと、世間一般では言われているが、夫だって仕事を持っている。

それもちゃんと理解をしている。

職種にもよると思うのだが、強力したくてもなかなか支えてあげられないご主人達も多いことだろう。

世間は本当に簡単に話をする。

当事者になったとき、初めて本当の事がわかるのだ。

いくら夫が尽くしてくれても、必ず夫婦喧嘩は起こってしまうし、離婚の危機も迎える妊活や不妊治療を

目の当たりにして、諦めた人々が幾人いるのか。。。

国がどうのこうのという問題ではなく、これは社会全体の問題であり、働き方や女性のありかた、夫婦のありかたについて、

改めて今後問われてゆく問題なのではないだろうか。

きっと私だけではない。

このようなストレスや気持を抱えている方は今後も増える。

自分だけではどうしても解決できないのである。

 

いつから飲む?妊活サプリランキング【決定版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です